日本を基点に情報配信

IT化によって企業も個人もあらゆる面で節約ができるようになりました。
IT化のインターネット技術の進歩により、現在の私たちの経済活動はインターネットが無くては成り立たないところまで来ています。
インターネットの進歩により、私たちはいつでもどこでもリアルタイムに情報を共有したり、必要な情報を得たりすることができるようになっています。
私たちは膨大な情報を保存しておき、それを必要に合わせて引き出す技術を習得するようになったのです。
その情報には、企業の場合であれば顧客データから売り上げのデータ、商品のデータなどが含まれています。
個人であれば、エンターテイメントの情報から行楽の情報まで様々です。

また中には世界の情報まであります。
そのような膨大な情報の中から私たちは検索機能やプログラムなどを使って情報を整理し活用しています。
いままでは遠い誰かとお話しをするだけでも大変だった時代に私たちはリアルタイムで誰かと言葉を交わしたり、文章をやり取りできる時代になりました。
その結果私たちの生活は時間を大きく節約できるようになりました。

IT化によってすべてはデジタル化されたことによって、過去の情報を長期にわたって保存できるようになりました。
また情報がすぐに入ってくることで、その情報を分析し、短期的な物事と長期的な物事の区別をつけることができるようになりました。
インターネットのつながりにより全世界はつながり、ある一定の同じ時間の流れの中で世界は同じ時間と情報を共有しています。
IT化は確かに私たちの生活を豊かにしてきました。

PCで防犯カメラチェック

現在企業の経済活動に主に使われてきたIT化の流れですが、私たちの生活の中でも見ることができます。
家電製品の中にはインターネットで通信を行うものもあり、その結果家電の管理が今まで以上に安心できるものになっています。
防犯の取組も同じで、屋内用防犯カメラはインターネットを介して持ち主の携帯電話へリアルタイムの映像を配信できるまでになっています。
またエアコンなども、持ち主の携帯電話から電源を入れることができるなど、現在ではもはや別の場所に居ながらにして別の場所の何かを動かすSF映画さながらの事柄が現実に起きようとしています。
私たちの生活はIT化により無駄のない効率化の図られた社会の中で、無駄にお金や経費をかけない省エネでエコな時代を生きようとしています。
しかしながらIT化で最も恩恵を受けているのは企業です。

時間もお金も労力も節約できるIT化

企業の経済活動の中でのIT化による変化は著しいものです。
IT化によってほぼすべてのものはインターネットを活用し、企業の会議も様変わりしています。

人件費が削減可能に

いままでは会議と言えば対象者全員が広い会議室を用いて行っていたのに対し、現在ではインターネットを通してWEB会議というものが一般化しています。
インターネット回線を通してビデオ通話を行い、リアルタイムで音声や資料を共有でき、お金や経費を節約することができています。
また会議に出席するための移動が必要ありませんので、経費も抑えることができ、時間が節約でき、まさに効率化を測る面ではIT化は最大の進歩と言えるでしょう。
長期的に見ればこのIT化は、光インターネットの登場によりその普及は微々たるものでした。
しかしスマートフォンの登場によりインターネットが一般化したことで、短期的にIT化が一般家庭により入りやすくなり、多くの人に活用されることでさらにIT化の流れは加速しています。
企業の最大の経費は人件費です。
これはどの仕事に関しても同じことが言えるでしょう。
可能な限り人件費を減らすため、インターネットやコンピュータでできるところはやらせてしまう。
というところが多くなってきました。

マーケティングや交通費も削減!

多くの企業で行われているマーケティングですが、近年人手をかけて行われていたこの分野においても、可能な限り集計作業やデータの保存管理作業はコンピュータが自動的に行っているところも少なくありません。
そのほか交通費に関しても、インターネットでの会議の導入で、必ずしも同じ場所でないと会議が行えないわけではなく、インターネット回線を使った会議システムの導入で離れた場所でも会議を行うことができ、節約が行われています。
またインターネットを使える環境であれば会議室でなくても行えるため、貸し会議室や広い会議室を必要としなくなり、レンタルコストやスペースコストをかけなくても良くなりました。
そのため、お金を他のことに使ったり節約したり、空いたスペースを他の目的のために使うことができるなど、企業の積極的な経済活動に寄与しています。
またインターネットを通して簡単に保存や検索、集計や計算を行うことができますので、企業に勤めている個々の人たちの間でも労力の削減に一役かっています。
このようにIT化で私たちの生活を企業単位や個人単位で豊かに余裕のある暮らしへと移ってきています。
これからの更なる進歩に期待です。