ウェブ会議のおかげで時間とお金が節約

一昔前までは、「会議」というと会議室を予約して、資料を人数分コピ-するなどの事前の準備が大変というイメ-ジがありました。
しかし、テクノロジ-の発達で、最近では国内、国外を問わずウェブ会議を行う企業が増えています。
ウェブ会議の大きなメリットは、場所を選ばずにコンピュ-タ-さえあれば簡単に会議を始めることができ、また、距離がどれほど遠くても、何時に始めるという時間さえ守れば国を問わず行うことができることです。
今までは会議をするためだけに、出張等を余儀なくされていたのが、ウェブ会議システムを取り入れることによって、自分のオフィスにいながら会議ができるようになったので、出張費を格段に削減することができるようになりました。

また、出張というのはコストがかかるだけでなく、移動することで時間もかかり、飛行機や新幹線等の移動で疲労も溜まってしまいます。
その点ウェブ会議ならば出張費だけでなく時間も節約できるため、業務効率化を図ることが可能となります。
テレビ会議に比べても、専用の設備等が必要ないのでコスト削減に多大な貢献をしていると言わなければなりません。
そのうえ、ヘッドセットを利用すれば自分の席でも会議に参加できるので、資料をいちいち持ち運ぶこともなくこれも業務効率化につながっていると言えるでしょう。

それからもうひとつ、覚えておきたいのが、会議というのはイメ-ジ的に社内でも役職がある偉い人達が行う、といったように思われがちだったのが、ウェブ会議を取り入れることによって、昔だったらコスト的に会議にはまず出席することがないと思われたような新人でも、紹介等が簡単にできるようになったことが、本人の仕事のモチベ-ションを上げることにもつながるのではないでしょうか。同じ社内でも例えば国内の本社が海外の支社とウェブ会議をしたなら、今までは海の向こうの海外で、メールや電話のやり取りだけだったのが、顔を見て挨拶を交わすことでより身近に感じることができ、そのことが同じ仕事に貢献しているという共感を生み出します。そして、一緒にがんばろうという連帯意識が生まれることでしょう。

このようにウェブ会議のシステムは出張の費用の削減や時間の節約という会社のコスト面でのメリットだけでなく、相手と簡単につながることができることにより、社内のコミュニケ-ションが大きく変わっていく可能性を持っていると言えます。そしてその風通しの良さこそが、企業の飛躍につながるのではないでしょうか。